teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)13/02/25(月)20:21
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


傘寿記念同期会 第11回卒

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 8月12日(月)19時19分15秒
返信・引用 編集済
  天高辰巳会(第11回卒)は傘寿記念同期会を開いた。
開会を前に天草弁ラジオ体操と運転免許高齢者講習のテキスト〔認知機能テスト〕を行いました。物故者76名の冥福を祈り黙祷を捧げた。参加者35名はお互いの健康と長寿を祈念した。
 
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 8月12日(月)18時49分10秒
返信・引用 編集済
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

めいしょんよか めーしょんよか 目が冴えて眠気を催さない
めーかからん めかからん 見えない ②見付からない
 めーかかる めかかる
めーとぎらかす 鋭い眼差し 睨みつける
めーにあう めにあう 間に合う 〔ま〕の転音
 めーにあわん めにあわん
めーノはる めーはる【目が張る】 目が冴えて眠れない
めーる【参る】 参拝する 〔ま〕の転音《佐伊津 五和》
 めーれ めーろーわい
めかたンたおるる【目方】 重量が少し軽くなる やや軽減する
めぎる 睨む《湯島》 ねぎる《城河原》
…めく …それらしくなる 「ごっつぉーめく」
めくじら めくじり 目角 目尻を上げて睨む
「目くじらたつる」
めくそ【目糞】 めやね【目脂(やに)】
めくばせ【目配せ】wink 目で合図する
めげらしか 可哀相だ 《牛深》
めご 竹製の網目籠 天秤棒で担う竹籠《日ポ》
 めごいにゃーどん 目籠担い
めざとか【目敏い】 着眼や洞察が鋭い ②抜け目ない
 ③目覚まし易い
めさまし めざまし【目覚し】 ②伽見舞い ③幼児のおやつ
めしくい《牛深》 めしくる めっくる 見付ける 探す
 ※〔み〕の転音
めしくゑー ご飯を食べなさい 食事しなさい
めしつぎ 古語【飯次】 飯櫃 ご飯の保温容器 Jar《日ポ》
めじゃなか 眼目ではない 目的ではない 問題外 相手ではない
めしゅる めしる〈目汁〉 涙 めしゅる はなしゅる
めしンしぇ《五和・佐伊津》
めしンしゃ〈飯ン菜〉ご飯のおかず 副食品
めちゃくゎちゃ【無茶苦茶】 出鱈目 random 度が過ぎる
めっけじゃーた めっけた 見つけた ※「み」の転音
めっそう 目測 目分量 見当 見込 大体 大まか《京》
めっそうむなか めっそうもなか 古語【滅相(めっさう)】
 《梵語》 法外 とんでもない
めどり 目付き look 目使い 眼差し 視線
 めどんノわるか 目の表情が悪い
めとんぼ まゑーとる 蜻蛉(とんぼ)の眼を回すが如く見回している 目が利く
めノきく 眼力がある 観察力がある
めノこえとる 観察眼が優れている
めノしょうがつ めノしょうぐゎつ 目の保養 珍品
めノまわった めノもうた めンもうた 目眩(めまい)がした  めみゃー
めめじょ【女女女】 女性の性器 vagina

もう一遍言うてコーナー
「鋭い眼差しで 睨みつけているよ」 めーとぎらきゃーて ねぎっとるぞ
「彼は洞察力が鋭いから すぐ見破るよ」 彼はめざとかけん 直(じき)き 見破るばい
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 8月 4日(日)13時51分35秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

むしゃ くしゃする 腹が立つ 苛立つ 逆上する
むしゃノよか むしゃンよか 武者振りがよい 恰好良い
むじょう 古語【無常(むじゃう)】常でない はかない
 ②葬式 弔い
むしる【毟る】 草を摘む ②魚を食べる
 ③幼児がじゃれつく
むしん【無心】 何も考えない ②金をねだる《京》
むすぼる【結ぼる】 取っ組合う ②男女合体 交接
むする 古語【咽ぶ】 むせる 咳込む
むぞうがる むぞがる 古語【無慙(むぞう)】 可愛がる
むぞうげ むぞうなげ むぞげ《日ポ》むぞげか むぞげん むぞなげ
 古語【無慙(むざん) 無慚(むざん)】 不憫(ふびん)
 可哀相 気の毒 痛ましい ②残酷
むぞうしてのさん むぞうてのさん 可愛くてたまらない
むぞか 古語【無慙(むぞう)】 可愛い 可愛らしい charming
むぞげムなか むぞげンなか 可愛げがない
むつかしか 古語【難し】 面倒だ 煩わしい
 ※同音異義語 むつかしか むづがいか【むず痒い】
むづがる 古語【憤(むつか)る】 機嫌を悪くする 不快になる
むつるる 古語【縺(もつ)る】 絡まる ②仲互い
 ③混乱する ※「も」の転音
むなくそンわるか【胸糞悪い】 不愉快 気分が悪い
むなぐら【胸倉】 胸襟の部分《京》
むなさきさんずん【胸先三寸】 むねさんずん
 胸中(心の中)にある考え方
むなざんにょう【胸算用】 むなづもり 暗算
むなつけ むなづけ【胸付け】 会食前の摘み食い
むねくじる 胸焼けする 胃酸過多
むねそくなう むねそこなう 食後気分が悪くなる
むねにくる 思い当たる 深く感じる 心に響く 共鳴する
むらぎ【斑気】 移り気 気が変わりやすい
むらやく【村役】 地区の公役 世話役人
むれ【蒸れ】 「むれンあがる」餅や赤飯が蒸し揚がる

もう一遍言うてコーナー
「お気の毒に 夕立ちに遭って 濡れたんだね」
 むぞうなげ さだちにおうて 濡れたんね
「胸に手を当てて よく考えれば 思い当たることがあるよ」
ゆうっと 按ずれば むねにくる事んある
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 7月28日(日)17時44分13秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

みみんぞ みんず みんぞ【蚯蚓(ミミズ)】 環形動物
みめンよか 古語【見目 眉目(びもく)】
 見た目が良い 容貌が美しい
みゃーしつくる みゃーしとる みゃーすつくる みゃーすとる 古語【阿(おもね)る
 諂(へつら)ふ】 ご機嫌を取る 迎合(げいごう)する 追従(ついじゆう)する
みゃーる みゃる【参る 詣(もう)でる】
 参拝する 参詣(さんけい)する《京》
みょうもんのごて 梵語【名聞】 世間体を憚(はばか)る
 珍しくもないのに
みらす みらる 上代敬語【見らる 見りゃる】 ご覧になる
みらん みん 古語【見ぬ】 見ない 「とんと見ん」滅多に見ない
みらんずく みんずく みんまま 見ないままに
むうらしか むらしか 蒸し蒸しする 湿度が多い
 鬱陶(うつとう)しい
むかる 古語【立ち向かふ】 挑(いど)む 敵対する 対峙する
むきけ《日ポ》 むっけ 吐き気 嘔吐を催す
むきむき むきふむき 好みやタイプの違い 相性 適応
むくる むける【捲(めく)れる】 皮が剥げる
 砕(くだ)ける ②交渉が成立する
むげー むげなか《上津深江》 むげらしか
 古語【惨(むご)い】 無慈悲だ
むこうづら〈向こう面〉 額(ひたい)
むこう ふんどし〈向こう褌〉 相手の元手で利を稼ぐ
むこうめし〈向こう飯〉 賄い付き 食事付きの労働条件
むごか むごたらしか 古語【惨(むご)い】 酷(ひど)い
 冷酷 残酷 悲惨
むざむざ 無惨に ②訳もなく 無造作に
むしえ【虫追い】 害虫退散祈願の農家行事
むしずノはしる【虫唾】 苦い胃酸が上がる ②大層嫌なこと
むしノしらせ むしンしらせ 悪い予感
  霊感や第六感で予知情報が働く
むしノすかん むしンすかん 相性が悪い
むしノつく むしンつく 虫がつく ②不純になる
むしノよか むしンよか 自分勝手 身勝手

もう一遍言うてコーナー
「顔も合わせないで 帰ってしまったよ」
 面(つら)もみらんずく キャー戻らしたばい
「仕事には 得手(えて) 不得手(ふえて)があるよね」
 仕事にゃむきむきのあっとね
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 7月21日(日)13時18分43秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

まんノよか 古語【間(ま)】の転 ②幸運 lucky 運がよい 「まん直しー飲もだ」
まんまんがりゃー 肩車 肩に跨らせて担ぐ
 ※類語 てんぐるま
まんまんさま まんまんさん 仏様 ②正直者 馬鹿正直
みいっぱっとる 何もしないで見てるだけ 知らぬ振りする
みーならん 看れない 見れない ②見るに堪えない《竜ヶ岳》
みおーたしこ 古語【見合ふ】 つりあった分量
みがん〈身感 身寒〉体感温度 肌身に感じる時候 気温
「みがんのゆーなりました」
みかんばん【見看板】 見栄え 「見看板のよか」
みぞうか みぞか 古語【無慙(むぞう)】 可愛い 可愛らしい
みぞうがりころす みぞがりころす 溺愛(できあい)する
  大層可愛がる
みぞうげ みぞうげん …なげ みぞげ みぞげん
 みぞなげ 古語【無惨気 無慙気】 不憫だ 痛ましい
 可哀相
みそもくそもなか 区別のないこと
みたいちり みたばかし みたばかり ただ見ただけ
みたて 診断 ②見定め 善し悪しを決める《日ポ》
みたむなか みたみなか みたんなか みっとむなか
 みっともなか 古語【見たうもなし】 見っともない
 見苦しい《日ポ》
みだれおーし みだれおし〈乱れ生し〉苦労して子育てする
みちずうり 古語【道すがら】 道中 journey 来る途中
 ※類語 みちなーご みちなんご みちみち 長い道中 来る途中 道すがら
みちぶしん【道普請】 道路工事
みっつぶせ 3つ違い 3歳違い
みてくれ 古語【見掛け】 見栄 外見 上辺《京》
みてくれがし これ見よがし 誇らしげに見せつける
みてゑ みてゑっか 見ておいて《下浦》
みとがむる 古語【見咎(みとが)む】 見咎める
 見て怪しく思う
みところはん【三所半】 大雑把 いい加減 中途半端
みノしぼる 小便が出にくい 疝気(せんき)
みみたぼ【耳朶(みみたぶ)】earlap みみノは《日ポ》
 みみンは 耳たぶ

「もういっぺん言うて」のコーナー
「ズボンは腰まで垂らして 見苦しい」 ズボンな腰までずん垂れて みたむなか
「曲がったキューリは 見栄(みばえ)えが悪い」 ひん曲がったキューリは みてくれん悪か
 

古稀祝いの詩

 投稿者:凡歩  投稿日:2019年 7月19日(金)21時08分54秒
返信・引用
  43年卒です
 令月に
  宴集いて
   瀬戸の宿
 開閉橋は
  夢の亦夢

http://www2s.biglobe.ne.jp/~uemura/sedohasi.jpg

 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 7月14日(日)14時46分55秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

まっちらかす まっつらかす 古語【放(ま)る】
 撒き散らす ②放尿する
まっと 古語【もっと】 もう少し あと僅か《日ポ・京》
 ※「も」の転音
まっぽうし まっぽし〈真星〉 図星 的中 ヒット
 そのものずばり ②真正面
まっぽしどん〈真星殿〉 易者 占い師
まつぼり 古語【まつべり】 集め纏める ②へそくり
まどう 近世語【償ふ】 弁償する《京》
 ※同音異義語 まどう 古語【惑ふ】 迷う 思い悩む
 ②慌(あわ)てる
まどうか まどろしか 古語【間怠(まどろ)し】
 手緩(ぬる)い もどかしい
まとも〈正面〉 正統 真っ正面 真っ正直
 当前(あたりまえ) 当然(とうぜん)《京》
マドロス 《オランダ語》matroos 船員
 クルーcrew セーラーsailor
まなーし まなし 古語【間無し】 絶え間なく
 頻繁(ひんぱん)に
まにあわん 間に合わない 役立たない ②遅刻する
※類語 めにあわん
まぬがるる 古語【免(まぬが)る】escape 免罪される
 逃れる
 ※対語 まぬがれん 逃れることが出来ない
「天罰まぬがれん」
まばいか まぶしか まばゆうい まばゆうして
古語【目映し 眩(まばゆ)し】《日ポ》
まひょうし あわん【間拍子】 間に合わない 手緩(ぬる)い
 捗らない
ままんご まめんご【飯事(ままごと)】 子供の遊び
 ごっこ遊び
まむる まめす《日ポ》 まめる 近世語【塗(まぶ)る】
 粉をまぶす
まめ 古語【忠実(まめ)】 真面目 実直 誠実《日ポ》
 ②多情 手が早い
 まめぞう【忠実(まめ)僧】 まめで手のかかる子供
 小僧《京》
まめつく 真面目に働く 甲斐甲斐しく働く 労をいとわず働く ②動き回る
まめらん 回らない ②ことばが出ない 訥弁(とつべん)
 ※対語 まめる【廻る】 よく動く ②流暢にことばが出る
まやかしもん【瞞(まやか)し物】 偽物 imitation
まりくり まるくり まるくれ 塊(かたまり) 集団 group
 ②ひと固まり
まるくって まるこくって まるくらきゃーて 丸めて
 ②縺(むつ)れて 絡み合って
まるごえる まるごゆる 上を跨いで越える
まるごて まるごと【丸毎】 まるっと まるまる 全部 総て
まるこむる まるこめる うまく騙して味方につける
 籠絡(ろうらく)する
まるはだきゃーなる まるはだけーなる《佐伊津 五和》
 素っ裸になる
まるむる【丸める】 丸くする 大きく纏める
 ②剃髪(ていはつ)する
まるもって 纏まって ひと固まりになって 一緒に集まって
まんぐる【万繰る】 万障繰り合わせる 都合をつける
「まんぐんの悪か」
まんごし 大漁 壱万替え(漁獲の単位)《富岡 牛深》
まんのまま 丸ごと 噛み切らずに そのままの形で

もう一遍言うてのコーナー

「話をしながら仕事すると 捗らないよ」 話 はなし 仕事したっちゃ 間拍子合わん
「蛇がカエルを 丸呑みにしたよ」 クチナワ ん ドンクば まんのまま ひん飲うだ
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 7月 7日(日)11時45分46秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

ほろか 脆(もろ)い 壊れ易い
ぼろくっちょ ぼろくぞ ぼろくだ《牛深》 首筋 首根っこ
ぼろもうけ 沢山儲ける 労せず儲ける《京》
ほん《京》 ほんちょ《竜ヶ岳》 ほんなこつ ほんなこて
本当に
ぼん【坊や】 男児 《京》《御所浦》
ぼんくら ぼんくらあたま【盆暗】 知恵無し まぬけ
ほんこし【本腰】 本気 真剣に 心構え
ポンシン 《スペイン語》poncho 袖無しの綿入れ上着
ポンス ポンズ 《オランダ語》 ポン酢 柑橘系の酢
まいない 古語【賄(まいない)】 お礼の品 ②賄賂
まうごつ まうごて 大層 きりきり舞いするように
まがいごつ まがいごと 過ち ②災い 禍(わざわい)
 凶事 ③間違い
まがいもん【紛い物】 偽物 模造品《京》 imitation
まがう 古語【紛ふ】 入り乱れて区別できなくなる 混じる
まかなう 古語【賄う】 食事を供応する
  ②やりくる 間に合わせる
まぎらする まぎらわする【紛らす】 気分転換 ②他に化ける
まぎる【間切る】 曲がる 曲折する
 ②進路を変える turn 《日ポ》
まぎれむなか まぎれもなか 紛れようがない 明確だ
まくしたつる 古語【まくしたつ】 べらべら喋る
まぐらしか 焦れったい 面倒だ《今津》
まぐれ【粉れ】 偶然 幸運にも ②当てずっぽう
まこて まこてー 古語【誠に】 全く 本当に
まざる 古語【交じる】 人中に入る 仲間に入る《京》
まし【増し】 まあ良い 少しは良い《京》 「猫よりまし」
ましかたる 古語【阿(おもね)る】 おべっかを言う
ましゃくにあわん 古語【間尺】 割に合わない《京》
ませ【老成(ませ)】 老成る 大人びている《京》
ませろ 上代敬語【申せ】 差し上げなさい《栖本》
まちぎゃー まちげー【間違】 過ち 過失 失敗
 悪事 罪 錯誤
まっこ まっこう【真っ向】 真正面 ②額《牛深》
まっだし【丸出し】 かくさず全てを出す 洗いざらい

もいっぺん言うてコーナー
「真っ直ぐ行って 信号を右へ折れると すぐですよ」
 まーっすぐ行たて 信号ば右さんまぎれば じきばい
「おばぁちゃんへ 美味しい物でも 買って差し上げなさい」
ばさんに んまかもんどん 買うてませろ
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 6月30日(日)11時48分25秒
返信・引用 編集済
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

ほっこくなめにあう 酷いめに遭う 散々な目に遭う
ぼっこみ 近世語【打込(ぼつこ)む】 込みで 一緒に 含めて
ほっしゃする ほっせーする《佐伊津 五和》
 古語【欲す】 欲しがる《日ポ》
ほっじゃば そうだが そうだけど《下浦 新和》
ぼったくる ぼる 暴利を貪る《京》
ほったつる ほったてる 四つん這いで尻を高くする
ほったらかす《京》 ほっちらかす ほっつらかす
 放り散らす
ほっつく ほっつきまわる 彷徨(さまよ)う うろつく
ぼつぼつ ゆっくり 気長に
ほつるる ほつれる 古語【綻(ほころ)びる】
 縫目や編目が解ける
ほつれ 古語【綻(ほころ)び】 縫目や編目が解けたもの
ほてーた ほてた 解いた 解体した
ほてる ほでる 古語【火照(ほて)る】 暑く感じる
 皮膚が焼けて痛む
ほど【程】 体格 背丈 「ほどンふとか 」
ほとく【解く】 解きほぐす もつれや縫目を解く《日ポ》
ほとくら【懐(ふところ)】 懐中 胸の内側
 ②金回り 所持金 ※「ふ」の転音
ほとびる《京》 ほとぶる ほとべる 古語【潤(ほと)ぶ】
 水を含んでふやける
ほとめく 潤う 充足する ②持て成す
ほねやすみ ほねやすめ【骨休み】 休息日 農休日
ほねやみ【骨病み】 過労で病気する
ほノよか【符】 運が良い 恵まれている ※〔ふ〕の転音
ほびゃ【朋輩/傍輩】 友達 親友 同僚
ほむる 古語【誉む 褒む】 誉め称える《日ポ》
ほめく 古語【火(ほ)めく】 蒸し暑い《日ポ・京》
ぼやく 残念がって小言を言う 不平不満を言う《京》
ぼやくる【暈(ぼや)ける】 惚ける はっきりしない
ほやけ【火焼け】 痣(あざ) ほくろ《日ポ》
ほやちーとる ほやつく 蒸かし立てでほくほくしている様
ほらふき【法螺吹き】 自慢話をする人
ほるば それを その人を《有明》 ※〔そ〕の転音
ほるる【惚れる】 恋する 異性を好きになる
ぼろ【襤褸(ぼろ)】 着古し 破れた布 ②失策 欠点
ぼろくそ【襤褸(ぼろ)糞】 値打ちの無いもの
 こてんこてん《京》

もいっぺん言うてコーナー
「海水浴に行ったら 体中が焼けて痛い」 海水浴に行たりゃ 体中 ほてる
「暑い中での重労働で 病気になった」 暑ったか所で気張って 骨病みした
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 6月23日(日)13時09分31秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 生放送
テーマ:珍語万語 ※珍しいことばがいっぱい

ほくそに 無闇に 矢鱈に 大層に
ほぐる《日ポ》 ほげる 穴が開く 通りが良くなる
ぼくる【惚ける】 知覚が鈍る ぼんやりする 耄碌(もうろく)
 ※類語 とぼくる とぼける
ほけ〈湯気〉 水蒸気 ※同音異義語
ほけ ぼけ【惚(ほう)け 呆け】耄碌(もうろく)
 気が利かない ぼんやりする《日ポ・京》
ほけンごたる 惚けているようだ 放心している
ぽけーっと しとんな ぼさーっと しとんな ぼんやりするな
ほけ いっちょけ ほけ おけ そこに置け
ほけだし 憂さ晴らし 気晴らし 気慰め 気分転換
ほげん いうたっちゃ そう言っても《佐伊津 五和》
ほご 太陽熱 灼熱(しやくねつ) 熱射 熱気 熱風
 「ほごンひどか」
ほこる 生い茂る 繁茂する《京》
ほこる 古語【誇る】 自慢する 得意になる
 ②勃起する《日ポ》
ほこるる《日ポ》 ほこれる 古語【綻(ほころ)ぶ】
 縫目が解ける
ほこれ 古語【綻(ほころ)び】 縫目が裂けたもの
ぼさ ぼさくれ ぼさぼさ ぼんやりした人 ②髪の乱れた人
ほざく 近世語【ほざく】 ぬかす 〔言う〕の卑語《京》
ほざくる《日ポ》 ほじゃくる ほじゃける 潤(ほと)びる
 ふやける
ほしか 煮干し 熬(い)りこ《京》
ほじくっ つらかす ほじっ つらかす 矢鱈に掘り出す
 ②詮索する
ほじくる ほじる〈穿る〉 土を掻き出す 穴を掘る
 ②詮索する 探る
ほぞ 古語【枘(ほぞ)】 木材の接合部分の凸起
 雄器(おんき)《京》
ほぞ【臍(へそ)】 ②果実の蔕 ※同音異義語
ほぞかむ【臍噛む】 後悔する 悔やむ 残念がる
ほそびき 細縄 麻紐《日ポ・京》
ほたえる ほたゆる 近世語【ほたゆ】 戯れる 暴れる
 騒ぐ 巫山戯(ふざけ)る 戯(じよう)ける
ほたぎ 古語【榾木(ほたぎ)】 パルプ用木片
 ②焚き木《日ポ》
ほたくる ほたる 古語【放(ほふ)る】 放り散らす 投げ遣る
ほだら ほだれ 古語【連連(つらつら)】 氷柱(つらら)
 垂氷(たるひ)《大矢野 有明》
ほたる 古語【放(はふ)る】 放り散らす 放り遣る
ボタン《ポルトガル語》 釦(ぼたん) ボタン
ぼちぼち ぼつぼつ 急がずゆっくり 気長に《京》
 「ぼちぼちやんなっせ」
ほちょ ほちょう【包丁】 ※長音短呼)《竜ヶ岳》

もいっぺん言うてコーナー
「ご苦労様でした 気分転換にビールでも飲んでみましょうか」
気ぃ草臥れでした ほけだしー ビーッどん のーんみゅうかい
「若いころもっと勉強していれば 後悔しなくて済んだが 後の祭りだ」
若っかときもちっと勉強しとけば ほぞかむ こともなかったてー 後の祭りたい
 

レンタル掲示板
/19