teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 業界No.1のChrome Hearts クロムハーツ スーパーコピー レプリカ専門店(0)
  2. スーパーコピーブランド N級品偽物通販専門店(0)
  3. ブランド N級 スーパーコピー販売(0)
  4. 株式会社 ルイヴィトンコピー激安通販専門店(0)
  5. 弊社スーパーコピーブランド通販ショップ(0)
  6. ブランド N級 スーパーコピー販売(0)
  7. jiosu-s1.com スーパーコピーN品通販専門店(0)
  8. ブランドコピー N級品専門店 WWW.VOKEI-N1.COM(0)
  9. 高級ブランドコピー専門ショップ!最新スーパーコピーが挑戦中!(0)
  10. ブランドコピー N級品専門店 WWW.VOKEI-N1.COM(0)
  11. 株式会社 ルイヴィトンコピー代引き激安通販専門店 (0)
  12. スーパーコピーブランド(N級品)販売通販専門店(0)
  13. ブランドコピー N級品専門店 WWW.VOKEI-N1.COM(0)
  14. カードで使える日本語完全対応の安心なブランドコピーショップ(0)
  15. 業界No.1のChrome Hearts クロムハーツ スーパーコピー レプリカ専門店(0)
  16. www.komehyoss.com ルイヴィトン コピー品(N級品) 専門店(1)
  17. iPhoneケース 全品 3999円 全国送料無料(0)
  18. 業界No.1のChrome Hearts クロムハーツ スーパーコピー レプリカ専門店(0)
  19. 日本最大級コピーブランド時計 biccameran.com(0)
  20. ブランドバッグ/財布スーパーコピー 代引き安い老舗!(0)
スレッド一覧(全28)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


200字以内

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月20日(金)20時45分42秒
返信・引用
  ケツからバズーカは何を比喩しているか。
200字以内で答えよ。
 
 

ケツの途中

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月20日(金)14時18分47秒
返信・引用
  ケツに始まり
ケツに終わる
人生未だケツの途中
眠い、、、
カフェ行って来るか
眠いんだよ
ひぐらしの声が聞こえる
 

あれは、、

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月20日(金)13時59分45秒
返信・引用
  暑さって
暑さって何だ?
気温が高い事さ
愛って何だ?
金を恵むことさ~
 

暑い

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月20日(金)13時22分41秒
返信・引用
  暑い。
熱中症気をつけてな。
 

キツイ

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月19日(木)19時06分56秒
返信・引用
  ケツにファイバー
ワイファイ?
 

カイワレ

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月19日(木)18時57分25秒
返信・引用
  ケツにカイワレ
こもタレブ
カイワーレ
暑いんだよ
 

feeder chat の件

 投稿者:かっつ  投稿日:2018年 7月19日(木)11時19分26秒
返信・引用
  スマホからだと入室可能なのですが、PCからは入室不可です。
対処のほどよろしくお願いします!
ちなみに、ブラウザは3種類、  1.google Chrome 2.Mozilla Firefox 3.pare moon
で閲覧しています。

 

(無題)

 投稿者:さたん  投稿日:2018年 7月18日(水)14時58分55秒
返信・引用
  一人で興奮している人がいるね。人をディスって楽しい?
キューブラーロスの5段階モデルって知ってる?
あなたはずっと怒りの段階なんだね。進歩がない。
ほかの人のほうが自身を受容していてずっと大人だわ。

サンタ ((´°ω°*))ヶラヶラ  14:42
サンタ もっと貼ってみろ  14:42
サンタ タカキヨちゃん  14:41
サンタ もはやパニック状態でコピペが精一杯か  14:41
サンタ (´^ω^`)ワロチ  14:30
サンタ もう1人激情型の人間がいた  14:30
 

ゆらゆら

 投稿者:ゆらっちゃうな  投稿日:2018年 7月18日(水)06時35分28秒
返信・引用
     http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/




http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/










   http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/




http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
 

(無題)

 投稿者:さたん  投稿日:2018年 7月17日(火)13時32分14秒
返信・引用
  ゲイだかオカマだかのサンタさん、人工肛門って本当ですか?
人工肛門になると、元の肛門閉じちゃうんだってね。セクロスするときはストーマ使うの?
あなたの日々のチャット監視と、人を傷つけて楽しんでいるのは現状の不満から来るんだね。
かわいそうに。

 

Re: (無題)

 投稿者:カッツ  投稿日:2018年 7月17日(火)06時37分45秒
返信・引用
  > No.5117[元記事へ]

かっつさんへのお返事です。

> 毎日が地獄です。




※私が投稿したものではありません。
 

(無題)

 投稿者:かっつ  投稿日:2018年 7月17日(火)00時28分29秒
返信・引用
  毎日が地獄です。
 

ケツの中心から愛を叫ぶ

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月16日(月)12時06分16秒
返信・引用
  暑いな。
バテてないか。
バテそうな時は梅干しがいいらしい。
夜か早朝の軽めの運動もいい。バテなくなる。
排泄もしっかり。
 

(無題)

 投稿者:げんげん  投稿日:2018年 7月12日(木)22時52分38秒
返信・引用
  ここにいる女性の皆さんに質問です。
ケツ毛はどうやって剃ってますか?
 

元気がない

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 9日(月)18時53分49秒
返信・引用
  元気ないわ
きついわ、、
 

暑い

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 9日(月)18時46分35秒
返信・引用
  暑い
ケツからそよ風
振り向けば奴が
うちわで、、
 

ビル?

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 9日(月)01時27分17秒
返信・引用
  クリントン最強だよ。
ホワイトハウス内で、不倫。
ビルイングリッシュなど小者。
 

可愛いにょ(●´ω`●)!

 投稿者:σ( ̄。 ̄) オイラにょ(●´ω`●)  投稿日:2018年 7月 8日(日)10時04分3秒
返信・引用
  > No.5060[元記事へ]

名無しさんへのお返事です。

> みつばちになったにゃー

やっぱり かわいいにょ(●´ω`●)!
週間満点賞にょ(●´ω`●)!
 

チャット

 投稿者:ゆら宇宙人  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時53分10秒
返信・引用
  http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/




http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
 

チャット

 投稿者:ゆら宇宙人  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時51分22秒
返信・引用
  http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/



http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/

http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
 

あえvrうぇ

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時50分7秒
返信・引用
  第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時49分51秒
返信・引用
  在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。



srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。



srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。


srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時49分2秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。


srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時48分45秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。


srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時48分33秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時48分16秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。
 

チャット

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時46分41秒
返信・引用
  http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/


http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
http://www2.x-feeder.info/tahiti/
 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時46分13秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時46分2秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時45分50秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時45分34秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時45分9秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。



srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。


srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時44分54秒
返信・引用
  2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。

 

名無し

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時43分25秒
返信・引用
  srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
srybrv  投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒 返信・引用
   ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

おっっっすぅぅぅぅ!!!!!!

 投稿者:かっつ  投稿日:2018年 7月 8日(日)02時53分53秒
返信・引用
  おらかっっっつぅぅぅう!!!!

おれってよくこんなひどい見た目で生きてられるよな
おまえら見習えよ!!!!!!wwwwwww
 

雨が降ってもマッチコム

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 7日(土)23時18分45秒
返信・引用
  よう、やりにしき。
マッチコム頑張ってるそうやな。
出会いあったか?
ケツに割り箸
カップ麺は3分だよな。
ブラジル負けたな。
ケツに体温計か。じゃあばよ。
 

時は来た

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 6日(金)21時07分19秒
返信・引用
  時は来た
寝るわ
 

今日の夕飯は

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 6日(金)19時56分56秒
返信・引用
  あっさりだった。
お腹一杯。
雨怖いなぁ。早く止んで欲しい。
 

めちゃ可愛いにょ(●´ω`●)!!

 投稿者:σ( ̄。 ̄) オイラだにょ(●´ω`●)  投稿日:2018年 7月 5日(木)21時54分17秒
返信・引用
  > No.5060[元記事へ]

名無しさんへのお返事です。

> みつばちになったにゃー
きゃっ! きゃわいすぎるにょ(●´ω`●)ゞ
満点にょ(●´ω`●)!
減点は認めないにょ(●´ω`●)!
 

あんた、、

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 5日(木)09時12分26秒
返信・引用
  カイワレの何なのさ?
雨すげ~
 

生きてるか

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 5日(木)00時29分54秒
返信・引用
  苦しいな。
でも生きてるよ。
夜はゆっくり休みたいな。
眠剤も飲んだんだが。
 

カイワレ

 投稿者:さい  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時41分8秒
返信・引用
  ケツにカイワレ
懐かしいやろ
訳の分からん書き込みはあかんな
コピペは低脳
 

srybrv

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時05分34秒
返信・引用
  ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。










ビル・イングリッシュ
Jump to navigation
Jump to search
ニュージーランドの政治家
ビル・イングリッシュ
Bill English
Prime Minister Bill English.jpg
生年月日 1961年12月30日(56歳)
出生地 ニュージーランド、サウスランド、ディプトン
所属政党 ニュージーランド国民党
ニュージーランドの旗 第39代 ニュージーランド首相
在任期間 2016年12月12日 - 2017年10月26日
第9代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2001年 - 2003年
ニュージーランドの旗 第12代 ニュージーランド国民党党首
在任期間 2016年 - 2018年
テンプレートを表示

ビル・イングリッシュ(Sir Simon William English、KNZM、1961年12月30日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第39代ニュージーランド首相。ニュージーランド国民党党首(第9代:2001年 - 2003年、第12代:2016年 - )。ジョン・キー政権下では副首相・財務大臣・社会基盤施設大臣を兼務した。
人物

サウスランドのディプトン生まれ。ウェリントンのセント・パトリック・カレッジ卒業。オタゴ大学で商学、ヴィクトリア大学ウェリントンで英文学を専攻し卒業。大学卒業後は地元へ戻り農夫となる。その後ウェリントンへ戻り、政策分析官として国庫庁へ勤務する。国庫庁に2年間勤め、ふたたび地元へ戻る。

1980年にニュージーランド国民党に入党し、1990年の議会総選挙に出馬して初当選を果たす。社会保障や教育分野で手腕を発揮し、1999年に財務大臣に就任する。その後、収入役等を経て財務報道官に就任する。

2001年10月、ニュージーランド国民党党首に就任するも、2002年の総選挙で大敗し、国民党の再建に失敗する。2003年10月にドン・ブラッシュへ党首を交代する。イングリッシュは教育報道官に就任するも、ブラッシュの退任後は国民党副党首、財務報道官に就任する。

2008年の総選挙に勝利し、国民党は政権復帰を果たす。イングリッシュはジョン・キー政権下で副首相、財務大臣、社会基盤施設大臣を兼務する。

カトリックの信仰を持ち、女医と結婚し6人の子を持つ。妊娠中絶、安楽死、同性愛者同士の婚姻、売春に反対している。

1995年にタスマン海から太平洋へ通じる全長243キロメートルをカヤック、自転車、ジョギングで走破する“コースト・トゥー・コースト”(Coast to Coast)を完走している。

2009年9月、ウェリントンに自宅を構えていながら住居手当を週900ドル受給している問題が発覚する。ウェリントンに自宅を構える議員へ支給されることのない住居手当を、イングリッシュは地元ディプトンの自宅を登録し手当を受給していた。イングリッシュは指摘を受け、住居手当の受給停止と大臣職に就任してから受給した住宅手当を全額返金した(2008年11月から2009年9月までの計32,000NZD)。イングリッシュは副首相として年間276,200NZDの議員報酬を得ている。

ジョン・キー首相が退陣を表明したことにより2016年12月12日、国民党議員総会にて第12代国民党党首に選出され、その後に第39代首相に就任した[1]。

2017年9月23日の総選挙で国民党は第1党を守ったものの過半数割れし[2]、少数政党との連立政権樹立にも失敗し政権は労働党を中心とした連立政権の手に渡ることとなり、イングリッシュは10月26日をもって首相を退任した。

2018年2月13日、一身上の都合を理由に国民党党首の辞任と、政界引退を表明。同年5月、オーストラリア資本のウェスファーマーズ取締役に就任。同年6月にナイトの勲位を授与され、"SIR"(サー)の称号を得る。
 

ブドウ糖

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時02分34秒
返信・引用
  甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。


甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。


甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。


甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。


甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。



甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。



甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

こうじょうせんきのうこうしんしょう(ばせどうびょう)
Hyperthyroidism (Graves' disease)

初診に適した診療科目:内科

分類:内分泌系とビタミンの病気 > 甲状腺の病気
どんな病気か

 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。しばしば甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。

 バセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺腫(プラマー病)でも甲状腺ホルモンが過剰になります。さらに故意や事故で甲状腺ホルモンを過剰に摂取するといったこともありますが、ここではバセドウ病に限って話を進めます。

 バセドウ病とは、この病気を報告したドイツの医師の名前に由来するもので、米国や英国では別の医師の名前をとってグレーブス病と呼んでいます。

原因は何か

 血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。

 このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

症状の現れ方

 甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

 精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

 バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

検査と診断

 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモン(遊離チロキシン:FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定することで、診断できます。

 さらにバセドウ病であることを確認するには、原因物質であるTSHレセプター抗体(TRAb)を測定します。まれにこの抗体が陰性のことがあり、無痛性甲状腺炎と区別したい時は放射性ヨード摂取率を測定します。眼球突出などバセドウ病眼症の診断のためには、眼窩CT検査やMRI検査をすることもあります。

治療の方法

 抗甲状腺薬治療、手術、アイソトープ治療の3種類がありますが、通常、抗甲状腺薬治療をまず行います。

 抗甲状腺薬(チアマゾール、プロピルチオウラシル)は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬です。この薬で合成を抑えると、4週間くらいで甲状腺ホルモンが下がり始め、2カ月もすると正常になって、自覚症状はなくなり、完全に治ったようになります。しかし、原因のTRAbが消えるのは2~3年後なので、TRAbが陽性の間は抗甲状腺薬をのみ続ける必要があります。

 いつまでもTRAbが陰性にならない時は、甲状腺を一部残して切除する甲状腺亜全摘出術をするか、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることになります。このどちらを選ぶかは、甲状腺の大きさや年齢、妊娠の希望などを考慮して決定します。なお、抗甲状腺薬は妊娠中でも医師の指示のもとに服用することができます。

 バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決してまれなものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点もあるので、できれば甲状腺専門医と相談しながら治療することをすすめます。

病気に気づいたらどうする

 バセドウ病を見つける簡単なチェックリストを示しておきます(表2)。これでバセドウ病の可能性があるという結果になった人は、かかりつけ医あるいは内分泌・代謝科のある病院でFT4、TSH、TRAbを測定してもらいます。
 

・・・

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時01分54秒
返信・引用
  胃食道逆流症(GERD)

いしょくどうぎゃくりゅうしょう(GERD)
Gastroesophageal reflux disease (GERD)

初診に適した診療科目:内科 気管食道科

分類:食道・胃・腸の病気 > 食道の病気
どんな病気か

 胃食道逆流症とは、胃内容、すなわち酸やペプシンを含んだ胃酸や、時に胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって発生する食道の炎症性疾患です。胸やけなどの症状が現れます。逆流性食道炎もGERDに含まれます。

原因は何か

 食道と胃の境(食道下端)には下部食道括約帯(LES)があって胃内容の逆流を防止しています。LESは通常閉じていますが、嚥下運動の際やゲップをする時には開大します。その他、何でもない時でもLESが弛緩することがあります。一過性LES弛緩といわれる状態があり、座位や立位でいる時にLESの弛緩が比較的長く持続します。これが頻回に起こるのがGERDの主因とされています。

 そのほかのLESの機能不全としては、腹圧をかけた時のストレス性弛緩や、LES機能がまったく消失していて横になると逆流するものがあります。

 LES以外の逆流防止機構としては、食道裂孔のピンチコック作用、ヒス角のフラップバルブ作用、腹部食道・粘膜のロゼッタ形成などがあります。

 なお、GERDを起こしやすくする病態に、食道裂孔ヘルニアがあります。

症状の現れ方

 主な症状は胸やけです。そのほか、胸痛、つかえ感などがあります。時には食物がのどまで逆流して眠れないと訴えたり、のどの痛みや慢性の咳嗽性疾患が現れることもあります。

検査と診断

 QESTと呼ばれる問診表を用いた診断や、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を投与して症状が消失するかどうかをみるPPI試験があります。内視鏡検査で逆流性食道炎の有無をみる必要もあります(図3)。とくに発赤や白色浮腫を示す色調変化型の食道炎にも注意する必要がありますし、内視鏡的に変化を認めにくいGERD(NERD)もあります。最終的には24時間pH測定を行います。

 逆流性食道炎の程度分類にはロサンゼルス分類がよく用いられています。

治療の方法

 PPIやH2受容体拮抗薬を投与する内科的治療が主体となります。肥満の解消、油ものやチョコレートなど逆流しやすい食品の制限も必要です。

 内科的治療で効果がない場合は外科的治療を行います。腹腔鏡下ニッセン法が主流ですが、食道の蠕動の悪いものにはトペー法、ドール法も行われます。コリス法、ダイタル法も短食道症例に対して行われることがあります。

病気に気づいたらどうする

 まず、かかりつけ医に相談して薬を処方してもらい、様子をみてください。重症の場合は専門医へ受診します。




胃食道逆流症(GERD)

いしょくどうぎゃくりゅうしょう(GERD)
Gastroesophageal reflux disease (GERD)

初診に適した診療科目:内科 気管食道科

分類:食道・胃・腸の病気 > 食道の病気
どんな病気か

 胃食道逆流症とは、胃内容、すなわち酸やペプシンを含んだ胃酸や、時に胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって発生する食道の炎症性疾患です。胸やけなどの症状が現れます。逆流性食道炎もGERDに含まれます。

原因は何か

 食道と胃の境(食道下端)には下部食道括約帯(LES)があって胃内容の逆流を防止しています。LESは通常閉じていますが、嚥下運動の際やゲップをする時には開大します。その他、何でもない時でもLESが弛緩することがあります。一過性LES弛緩といわれる状態があり、座位や立位でいる時にLESの弛緩が比較的長く持続します。これが頻回に起こるのがGERDの主因とされています。

 そのほかのLESの機能不全としては、腹圧をかけた時のストレス性弛緩や、LES機能がまったく消失していて横になると逆流するものがあります。

 LES以外の逆流防止機構としては、食道裂孔のピンチコック作用、ヒス角のフラップバルブ作用、腹部食道・粘膜のロゼッタ形成などがあります。

 なお、GERDを起こしやすくする病態に、食道裂孔ヘルニアがあります。

症状の現れ方

 主な症状は胸やけです。そのほか、胸痛、つかえ感などがあります。時には食物がのどまで逆流して眠れないと訴えたり、のどの痛みや慢性の咳嗽性疾患が現れることもあります。

検査と診断

 QESTと呼ばれる問診表を用いた診断や、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を投与して症状が消失するかどうかをみるPPI試験があります。内視鏡検査で逆流性食道炎の有無をみる必要もあります(図3)。とくに発赤や白色浮腫を示す色調変化型の食道炎にも注意する必要がありますし、内視鏡的に変化を認めにくいGERD(NERD)もあります。最終的には24時間pH測定を行います。

 逆流性食道炎の程度分類にはロサンゼルス分類がよく用いられています。

治療の方法

 PPIやH2受容体拮抗薬を投与する内科的治療が主体となります。肥満の解消、油ものやチョコレートなど逆流しやすい食品の制限も必要です。

 内科的治療で効果がない場合は外科的治療を行います。腹腔鏡下ニッセン法が主流ですが、食道の蠕動の悪いものにはトペー法、ドール法も行われます。コリス法、ダイタル法も短食道症例に対して行われることがあります。

病気に気づいたらどうする

 まず、かかりつけ医に相談して薬を処方してもらい、様子をみてください。重症の場合は専門医へ受診します。





胃食道逆流症(GERD)

いしょくどうぎゃくりゅうしょう(GERD)
Gastroesophageal reflux disease (GERD)

初診に適した診療科目:内科 気管食道科

分類:食道・胃・腸の病気 > 食道の病気
どんな病気か

 胃食道逆流症とは、胃内容、すなわち酸やペプシンを含んだ胃酸や、時に胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって発生する食道の炎症性疾患です。胸やけなどの症状が現れます。逆流性食道炎もGERDに含まれます。

原因は何か

 食道と胃の境(食道下端)には下部食道括約帯(LES)があって胃内容の逆流を防止しています。LESは通常閉じていますが、嚥下運動の際やゲップをする時には開大します。その他、何でもない時でもLESが弛緩することがあります。一過性LES弛緩といわれる状態があり、座位や立位でいる時にLESの弛緩が比較的長く持続します。これが頻回に起こるのがGERDの主因とされています。

 そのほかのLESの機能不全としては、腹圧をかけた時のストレス性弛緩や、LES機能がまったく消失していて横になると逆流するものがあります。

 LES以外の逆流防止機構としては、食道裂孔のピンチコック作用、ヒス角のフラップバルブ作用、腹部食道・粘膜のロゼッタ形成などがあります。

 なお、GERDを起こしやすくする病態に、食道裂孔ヘルニアがあります。

症状の現れ方

 主な症状は胸やけです。そのほか、胸痛、つかえ感などがあります。時には食物がのどまで逆流して眠れないと訴えたり、のどの痛みや慢性の咳嗽性疾患が現れることもあります。

検査と診断

 QESTと呼ばれる問診表を用いた診断や、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を投与して症状が消失するかどうかをみるPPI試験があります。内視鏡検査で逆流性食道炎の有無をみる必要もあります(図3)。とくに発赤や白色浮腫を示す色調変化型の食道炎にも注意する必要がありますし、内視鏡的に変化を認めにくいGERD(NERD)もあります。最終的には24時間pH測定を行います。

 逆流性食道炎の程度分類にはロサンゼルス分類がよく用いられています。

治療の方法

 PPIやH2受容体拮抗薬を投与する内科的治療が主体となります。肥満の解消、油ものやチョコレートなど逆流しやすい食品の制限も必要です。

 内科的治療で効果がない場合は外科的治療を行います。腹腔鏡下ニッセン法が主流ですが、食道の蠕動の悪いものにはトペー法、ドール法も行われます。コリス法、ダイタル法も短食道症例に対して行われることがあります。

病気に気づいたらどうする

 まず、かかりつけ医に相談して薬を処方してもらい、様子をみてください。重症の場合は専門医へ受診します。










胃食道逆流症(GERD)

いしょくどうぎゃくりゅうしょう(GERD)
Gastroesophageal reflux disease (GERD)

初診に適した診療科目:内科 気管食道科

分類:食道・胃・腸の病気 > 食道の病気
どんな病気か

 胃食道逆流症とは、胃内容、すなわち酸やペプシンを含んだ胃酸や、時に胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって発生する食道の炎症性疾患です。胸やけなどの症状が現れます。逆流性食道炎もGERDに含まれます。

原因は何か

 食道と胃の境(食道下端)には下部食道括約帯(LES)があって胃内容の逆流を防止しています。LESは通常閉じていますが、嚥下運動の際やゲップをする時には開大します。その他、何でもない時でもLESが弛緩することがあります。一過性LES弛緩といわれる状態があり、座位や立位でいる時にLESの弛緩が比較的長く持続します。これが頻回に起こるのがGERDの主因とされています。

 そのほかのLESの機能不全としては、腹圧をかけた時のストレス性弛緩や、LES機能がまったく消失していて横になると逆流するものがあります。

 LES以外の逆流防止機構としては、食道裂孔のピンチコック作用、ヒス角のフラップバルブ作用、腹部食道・粘膜のロゼッタ形成などがあります。

 なお、GERDを起こしやすくする病態に、食道裂孔ヘルニアがあります。

症状の現れ方

 主な症状は胸やけです。そのほか、胸痛、つかえ感などがあります。時には食物がのどまで逆流して眠れないと訴えたり、のどの痛みや慢性の咳嗽性疾患が現れることもあります。

検査と診断

 QESTと呼ばれる問診表を用いた診断や、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を投与して症状が消失するかどうかをみるPPI試験があります。内視鏡検査で逆流性食道炎の有無をみる必要もあります(図3)。とくに発赤や白色浮腫を示す色調変化型の食道炎にも注意する必要がありますし、内視鏡的に変化を認めにくいGERD(NERD)もあります。最終的には24時間pH測定を行います。

 逆流性食道炎の程度分類にはロサンゼルス分類がよく用いられています。

治療の方法

 PPIやH2受容体拮抗薬を投与する内科的治療が主体となります。肥満の解消、油ものやチョコレートなど逆流しやすい食品の制限も必要です。

 内科的治療で効果がない場合は外科的治療を行います。腹腔鏡下ニッセン法が主流ですが、食道の蠕動の悪いものにはトペー法、ドール法も行われます。コリス法、ダイタル法も短食道症例に対して行われることがあります。

病気に気づいたらどうする

 まず、かかりつけ医に相談して薬を処方してもらい、様子をみてください。重症の場合は専門医へ受診します。
 

ぼくちん

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時00分47秒
返信・引用
  ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)


ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)



ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)
ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)
ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)




ストレスや緊張で発症・悪化する「過敏性腸症候群(IBS)」
2018.05.14

通勤・通学の途中、あるいは緊張する場面で急におなかが痛くなったり、便意をもよおしたりする──もし、そんな症状が繰り返し起こるようなら、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。
検査で原因がわからない急な下痢や慢性的な便秘が続く

過敏性腸症候群は、血液検査や腸検査をしても異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘を慢性的に繰り返す病気で、日本人の約10%にみられるといわれています。主な症状は便通異常と、発作的に起こるさし込むような腹痛、あるいは持続する鈍い腹痛です。多くの場合便意を伴いますが、排便後に腹痛は軽快します。
過敏性腸症候群には、便の状態により「下痢型」、「便秘型」、「混合型」のタイプがあります。

    下痢型…泥または水のような便が出る。突然、便意をもよおすので外出などが難しくなる。強い便意の割には、排便量はそれほど多くないことも。
    便秘型…水分が少ないコロコロした便になり、排便が困難になる。
    混合型…下痢と便秘が交互に繰り返される。

そのほか、腹部膨満感、おなかがゴロゴロ鳴る、おならが出る、などの症状がみられることもあります。ストレスや緊張によって、発症・悪化するのが特徴です。
過敏性腸症候群の原因は明らかになっていませんが、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかったあとに発症しやすいことがわかっています。
まずは生活習慣を改善し、症状が治まらなければ薬物療法を

過敏性腸症候群の治療においては、まずは生活習慣の改善を行います。睡眠や休養を十分にとり、規則正しい生活を心がけて、疲労やストレスをためないことが大切です。暴飲暴食、脂っこいもの、刺激物を避け、お酒も控えましょう。また、症状のタイプにかかわらず、適度な運動や食物繊維を積極的にとることがすすめられます。
生活習慣を改善しても症状が治まらない場合には、患者それぞれの症状に合わせた薬物療法が行われます。便の水分を調整する高分子重合体、腸の動きをよくする消化管運動調節薬やセロトニン受容体拮抗薬のほか、下痢止め薬、緩下薬、漢方薬などが使われます。また、抗不安薬や抗うつ薬を使ったり、自律訓練法や認知行動療法といった心身医学的治療が行われる場合もあります。
過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではありませんが、急な下痢や慢性的な便秘が繰り返されると、生活や仕事などにも大きく影響します。もし、外出が困難になるなど日常生活に支障が出ている場合は、「おなかが弱い体質だから…」などと放置せず、早めに消化器内科などを受診しましょう。ストレスなどの精神的な影響が大きい場合や、うつ状態・不安感などがみられる場合は、心療内科を受診することがすすめられます。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)

 

梅毒

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時59分47秒
返信・引用
  「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)


「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)




「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)






「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)








「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)










「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)










「梅毒」20代女性患者が急増

「梅毒」20代女性患者が急増
2017.11.28

「梅毒」という感染症を知っていますか? 主に性交渉によって感染する病気で、ここ数年患者数が急増し、問題となっています。なかでも、心配なのが若い女性患者の増加です。
女性患者では20代前半が最多

2017年の梅毒患者数は10月4日現在で4,245人となり、そのうち女性は約32%。年代別でみると、20代が半数を超えています。特に20代前半は約30%を占め、最も割合が高くなっています。
国立感染症研究所「日本の梅毒症例の動向について」

また、別の調査では、20代前半の女性の感染者が、2016年は2013年の約11倍という報告もあります。
厚生労働省「性感染症報告数」2017年3月現在
梅毒の症状は“あらわれては消える”を繰り返す

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌が性交渉などによってうつる性感染症です。

感染から約3週間は、性器や唇などの細菌が感染した部位にしこりや潰瘍(かいよう)ができたり、リンパ節が腫れたりしますが、数週間でいったん自然に消えます。

数カ月後には、体全体に赤い発疹(バラ疹)があらわれることがあります。これも時間がたつと自然に消えますが、繰り返しあらわれることもあります。

症状がいったん消失することから、梅毒に感染しているという自覚がないまま治療をせずに放置されることも多く、治療を行わないまま進行すると、数年後には、皮膚や骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生したり、心臓の血管や脳の中枢神経が障害され、死に至る場合もあります。
症状が消えても、ほかの人を感染させるおそれ

梅毒は感染力は強いのですが、抗菌薬が有効で、早期に発見して薬物治療を行えば治る病気です。

症状が出なくなったからといって治療をしないでいると、本人の病状が進行するだけでなく、性交渉でほかの人に感染をうつしてしまうことになります。

妊娠中の母親が感染すると、流産や死産となったり、子どもに重い障害がおきるおそれもあります。
不特定多数との性交渉は避ける

感染を防ぐためには、不特定多数との性交渉を避けるほか、定期的に検査を受けることがすすめられます。また、コンドームの使用は感染のリスクを減らします。感染が疑われる場合は、パートナーとともに早めに医療機関を受診しましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時58分58秒
返信・引用
  虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」とは?
2018.01.23

空や照明器具などの、明るいほうを見たときに、「目の前にゴミや虫のようなものが飛んで見える」、「薄い雲のようなものが視野の中に見える」ということはありませんか? これらは「飛蚊(ひぶん)症」のときに見られる特徴的な症状です。
飛蚊症の多くは、とくに治療の必要なし

飛蚊症の多くは加齢などに伴ってあらわれる生理的なもので、とくに治療の必要はありません。

眼球内は、透明なゼリー状の硝子体(しょうしたい)で満たされています。硝子体は99%以上が水分で、わずかに線維を含んだ物質です。これが加齢などによって水分と線維に分離し、線維の塊が眼球内を浮遊するようになると、その影がゴミや虫(蚊など)のようなものが飛んでいるように見えます。これが生理的な飛蚊症です。
重大な病気のサインの場合もあるので、早めに検査を

注意しなければならないのは、重大な目の病気の兆候としてあらわれる病的飛蚊症です。網膜に穴が開いてしまう「網膜裂孔(れっこう)」、網膜が眼球からはがれてしまう「網膜剥離(はくり)」、ぶどう膜に炎症が起こる「ぶどう膜炎」などがその代表的なものです。

また、糖尿病や高血圧などの病気、けがなどが原因で硝子体の中に出血が起こる「硝子体出血」では、目の前に墨が垂れてきたように見えたり、霧がかかったように見えることがあります。

これらの病気は視力の低下を招き、とくに網膜裂孔や網膜剥離は失明につながる恐れがあります。網膜裂孔の段階であれば、通院でレーザー治療などが行われます。しかし、網膜剥離になると手術が必要となり、早期に適切な治療を受けないと失明のリスクが高いとされています。

このように、飛蚊症の多くは心配のないものですが、まれに重大な病気のサインである場合もあります。飛蚊症の症状に気づいたら、原因を調べるために、早めに眼科で検査を受けましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)










虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」とは?
2018.01.23

空や照明器具などの、明るいほうを見たときに、「目の前にゴミや虫のようなものが飛んで見える」、「薄い雲のようなものが視野の中に見える」ということはありませんか? これらは「飛蚊(ひぶん)症」のときに見られる特徴的な症状です。
飛蚊症の多くは、とくに治療の必要なし

飛蚊症の多くは加齢などに伴ってあらわれる生理的なもので、とくに治療の必要はありません。

眼球内は、透明なゼリー状の硝子体(しょうしたい)で満たされています。硝子体は99%以上が水分で、わずかに線維を含んだ物質です。これが加齢などによって水分と線維に分離し、線維の塊が眼球内を浮遊するようになると、その影がゴミや虫(蚊など)のようなものが飛んでいるように見えます。これが生理的な飛蚊症です。
重大な病気のサインの場合もあるので、早めに検査を

注意しなければならないのは、重大な目の病気の兆候としてあらわれる病的飛蚊症です。網膜に穴が開いてしまう「網膜裂孔(れっこう)」、網膜が眼球からはがれてしまう「網膜剥離(はくり)」、ぶどう膜に炎症が起こる「ぶどう膜炎」などがその代表的なものです。

また、糖尿病や高血圧などの病気、けがなどが原因で硝子体の中に出血が起こる「硝子体出血」では、目の前に墨が垂れてきたように見えたり、霧がかかったように見えることがあります。

これらの病気は視力の低下を招き、とくに網膜裂孔や網膜剥離は失明につながる恐れがあります。網膜裂孔の段階であれば、通院でレーザー治療などが行われます。しかし、網膜剥離になると手術が必要となり、早期に適切な治療を受けないと失明のリスクが高いとされています。

このように、飛蚊症の多くは心配のないものですが、まれに重大な病気のサインである場合もあります。飛蚊症の症状に気づいたら、原因を調べるために、早めに眼科で検査を受けましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)










虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」とは?
2018.01.23

空や照明器具などの、明るいほうを見たときに、「目の前にゴミや虫のようなものが飛んで見える」、「薄い雲のようなものが視野の中に見える」ということはありませんか? これらは「飛蚊(ひぶん)症」のときに見られる特徴的な症状です。
飛蚊症の多くは、とくに治療の必要なし

飛蚊症の多くは加齢などに伴ってあらわれる生理的なもので、とくに治療の必要はありません。

眼球内は、透明なゼリー状の硝子体(しょうしたい)で満たされています。硝子体は99%以上が水分で、わずかに線維を含んだ物質です。これが加齢などによって水分と線維に分離し、線維の塊が眼球内を浮遊するようになると、その影がゴミや虫(蚊など)のようなものが飛んでいるように見えます。これが生理的な飛蚊症です。
重大な病気のサインの場合もあるので、早めに検査を

注意しなければならないのは、重大な目の病気の兆候としてあらわれる病的飛蚊症です。網膜に穴が開いてしまう「網膜裂孔(れっこう)」、網膜が眼球からはがれてしまう「網膜剥離(はくり)」、ぶどう膜に炎症が起こる「ぶどう膜炎」などがその代表的なものです。

また、糖尿病や高血圧などの病気、けがなどが原因で硝子体の中に出血が起こる「硝子体出血」では、目の前に墨が垂れてきたように見えたり、霧がかかったように見えることがあります。

これらの病気は視力の低下を招き、とくに網膜裂孔や網膜剥離は失明につながる恐れがあります。網膜裂孔の段階であれば、通院でレーザー治療などが行われます。しかし、網膜剥離になると手術が必要となり、早期に適切な治療を受けないと失明のリスクが高いとされています。

このように、飛蚊症の多くは心配のないものですが、まれに重大な病気のサインである場合もあります。飛蚊症の症状に気づいたら、原因を調べるために、早めに眼科で検査を受けましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)










虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」とは?
2018.01.23

空や照明器具などの、明るいほうを見たときに、「目の前にゴミや虫のようなものが飛んで見える」、「薄い雲のようなものが視野の中に見える」ということはありませんか? これらは「飛蚊(ひぶん)症」のときに見られる特徴的な症状です。
飛蚊症の多くは、とくに治療の必要なし

飛蚊症の多くは加齢などに伴ってあらわれる生理的なもので、とくに治療の必要はありません。

眼球内は、透明なゼリー状の硝子体(しょうしたい)で満たされています。硝子体は99%以上が水分で、わずかに線維を含んだ物質です。これが加齢などによって水分と線維に分離し、線維の塊が眼球内を浮遊するようになると、その影がゴミや虫(蚊など)のようなものが飛んでいるように見えます。これが生理的な飛蚊症です。
重大な病気のサインの場合もあるので、早めに検査を

注意しなければならないのは、重大な目の病気の兆候としてあらわれる病的飛蚊症です。網膜に穴が開いてしまう「網膜裂孔(れっこう)」、網膜が眼球からはがれてしまう「網膜剥離(はくり)」、ぶどう膜に炎症が起こる「ぶどう膜炎」などがその代表的なものです。

また、糖尿病や高血圧などの病気、けがなどが原因で硝子体の中に出血が起こる「硝子体出血」では、目の前に墨が垂れてきたように見えたり、霧がかかったように見えることがあります。

これらの病気は視力の低下を招き、とくに網膜裂孔や網膜剥離は失明につながる恐れがあります。網膜裂孔の段階であれば、通院でレーザー治療などが行われます。しかし、網膜剥離になると手術が必要となり、早期に適切な治療を受けないと失明のリスクが高いとされています。

このように、飛蚊症の多くは心配のないものですが、まれに重大な病気のサインである場合もあります。飛蚊症の症状に気づいたら、原因を調べるために、早めに眼科で検査を受けましょう。

(家庭の医学大全科ウェブサイト 編集部)
 

無題

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時56分50秒
返信・引用
  広汎性発達障害

こうはんせいはったつしょうがい
Pervasive developmental disorders

初診に適した診療科目:小児科 精神科 神経科

分類:こころの病気 > 心理発達障害
どんな障害か

 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

原因は何か

 生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。一部は、胎児性風疹、フェニルケトン尿症、結節性硬化症、染色体異常などに伴って生じます。

症状の現れ方

 次の3領域の発達における質的異常を特徴とします。

①対人的相互反応における質的障害(相手の気持ちがつかめない、場にあった行動がとれない)

②コミュニケーションの障害(言葉の使用の誤り、会話をつなげない)

③行動、興味、活動が限定していて反復・常同的

 これらの異常は幼児期早期から、家庭内および社会的場面で広く観察されます。具体的な現れ方は発達とともに変化しますが、これらの特徴はもち続けます。

 これらに加えて、何らかの感覚過敏が90%の人にみられます。聴覚(機械音、サイレン、ピストルの音、雑踏の音など)、味覚(偏食になる)、視覚(絵本の特定のページ、CMの場面)、触覚(抱かれる、洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)など特定の刺激に苦痛不快を示し、回避します。

検査と診断

 一般には、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」、または米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐Ⅳ)」における広汎性発達障害に準拠して診断します。診察室での面接と観察、家族および学校の先生・保育者などからの情報を通じて、前述の3領域での症状を確認すると同時に、生育歴でその発達経過における特徴を確認します。

 診断に続く療育にあたっては、原因となる疾患についての検討、認知機能の特徴、知的障害の有無、統合運動の問題、学習能力などについての検討を行っておくことが必要です。

治療の方法

 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。

 発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。

障害に気づいたらどうする

 障害について気がかりな時は、まず地域の乳幼児健康診断を担当している保健師、地域の障害児福祉の窓口になる児童相談所の担当者に相談します。

 医療機関で診断を求める場合は、発達障害に詳しい小児科医・小児神経科医、児童精神科医が望ましいです。










広汎性発達障害

こうはんせいはったつしょうがい
Pervasive developmental disorders

初診に適した診療科目:小児科 精神科 神経科

分類:こころの病気 > 心理発達障害
どんな障害か

 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

原因は何か

 生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。一部は、胎児性風疹、フェニルケトン尿症、結節性硬化症、染色体異常などに伴って生じます。

症状の現れ方

 次の3領域の発達における質的異常を特徴とします。

①対人的相互反応における質的障害(相手の気持ちがつかめない、場にあった行動がとれない)

②コミュニケーションの障害(言葉の使用の誤り、会話をつなげない)

③行動、興味、活動が限定していて反復・常同的

 これらの異常は幼児期早期から、家庭内および社会的場面で広く観察されます。具体的な現れ方は発達とともに変化しますが、これらの特徴はもち続けます。

 これらに加えて、何らかの感覚過敏が90%の人にみられます。聴覚(機械音、サイレン、ピストルの音、雑踏の音など)、味覚(偏食になる)、視覚(絵本の特定のページ、CMの場面)、触覚(抱かれる、洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)など特定の刺激に苦痛不快を示し、回避します。

検査と診断

 一般には、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」、または米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐Ⅳ)」における広汎性発達障害に準拠して診断します。診察室での面接と観察、家族および学校の先生・保育者などからの情報を通じて、前述の3領域での症状を確認すると同時に、生育歴でその発達経過における特徴を確認します。

 診断に続く療育にあたっては、原因となる疾患についての検討、認知機能の特徴、知的障害の有無、統合運動の問題、学習能力などについての検討を行っておくことが必要です。

治療の方法

 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。

 発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。

障害に気づいたらどうする

 障害について気がかりな時は、まず地域の乳幼児健康診断を担当している保健師、地域の障害児福祉の窓口になる児童相談所の担当者に相談します。

 医療機関で診断を求める場合は、発達障害に詳しい小児科医・小児神経科医、児童精神科医が望ましいです。










広汎性発達障害

こうはんせいはったつしょうがい
Pervasive developmental disorders

初診に適した診療科目:小児科 精神科 神経科

分類:こころの病気 > 心理発達障害
どんな障害か

 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

原因は何か

 生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。一部は、胎児性風疹、フェニルケトン尿症、結節性硬化症、染色体異常などに伴って生じます。

症状の現れ方

 次の3領域の発達における質的異常を特徴とします。

①対人的相互反応における質的障害(相手の気持ちがつかめない、場にあった行動がとれない)

②コミュニケーションの障害(言葉の使用の誤り、会話をつなげない)

③行動、興味、活動が限定していて反復・常同的

 これらの異常は幼児期早期から、家庭内および社会的場面で広く観察されます。具体的な現れ方は発達とともに変化しますが、これらの特徴はもち続けます。

 これらに加えて、何らかの感覚過敏が90%の人にみられます。聴覚(機械音、サイレン、ピストルの音、雑踏の音など)、味覚(偏食になる)、視覚(絵本の特定のページ、CMの場面)、触覚(抱かれる、洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)など特定の刺激に苦痛不快を示し、回避します。

検査と診断

 一般には、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」、または米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐Ⅳ)」における広汎性発達障害に準拠して診断します。診察室での面接と観察、家族および学校の先生・保育者などからの情報を通じて、前述の3領域での症状を確認すると同時に、生育歴でその発達経過における特徴を確認します。

 診断に続く療育にあたっては、原因となる疾患についての検討、認知機能の特徴、知的障害の有無、統合運動の問題、学習能力などについての検討を行っておくことが必要です。

治療の方法

 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。

 発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。

障害に気づいたらどうする

 障害について気がかりな時は、まず地域の乳幼児健康診断を担当している保健師、地域の障害児福祉の窓口になる児童相談所の担当者に相談します。

 医療機関で診断を求める場合は、発達障害に詳しい小児科医・小児神経科医、児童精神科医が望ましいです。










広汎性発達障害

こうはんせいはったつしょうがい
Pervasive developmental disorders

初診に適した診療科目:小児科 精神科 神経科

分類:こころの病気 > 心理発達障害
どんな障害か

 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

原因は何か

 生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。一部は、胎児性風疹、フェニルケトン尿症、結節性硬化症、染色体異常などに伴って生じます。

症状の現れ方

 次の3領域の発達における質的異常を特徴とします。

①対人的相互反応における質的障害(相手の気持ちがつかめない、場にあった行動がとれない)

②コミュニケーションの障害(言葉の使用の誤り、会話をつなげない)

③行動、興味、活動が限定していて反復・常同的

 これらの異常は幼児期早期から、家庭内および社会的場面で広く観察されます。具体的な現れ方は発達とともに変化しますが、これらの特徴はもち続けます。

 これらに加えて、何らかの感覚過敏が90%の人にみられます。聴覚(機械音、サイレン、ピストルの音、雑踏の音など)、味覚(偏食になる)、視覚(絵本の特定のページ、CMの場面)、触覚(抱かれる、洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)など特定の刺激に苦痛不快を示し、回避します。

検査と診断

 一般には、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」、または米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐Ⅳ)」における広汎性発達障害に準拠して診断します。診察室での面接と観察、家族および学校の先生・保育者などからの情報を通じて、前述の3領域での症状を確認すると同時に、生育歴でその発達経過における特徴を確認します。

 診断に続く療育にあたっては、原因となる疾患についての検討、認知機能の特徴、知的障害の有無、統合運動の問題、学習能力などについての検討を行っておくことが必要です。

治療の方法

 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。

 発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。

障害に気づいたらどうする

 障害について気がかりな時は、まず地域の乳幼児健康診断を担当している保健師、地域の障害児福祉の窓口になる児童相談所の担当者に相談します。

 医療機関で診断を求める場合は、発達障害に詳しい小児科医・小児神経科医、児童精神科医が望ましいです。
 

mudai

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時54分42秒
返信・引用
  ASCII.jpデジタル用語辞典の解説
セキュリティー
コンピューターシステムの安全性やデータの機密性を保つこと。パソコン自体にユーザーIDとパスワードを設定したり、ファイルの書き込みを禁止したりするなどの対策方法がある。誰もが自由にアクセスできるインターネット上では、システムやデータが第三者の手によって破壊、改ざんされる恐れがあるため、セキュリティーを管理することが特に重要である。具体的には、ハードウェアの管理(バックアップ)、ソフトウェアの管理(アクセス権の設定)、ウイルス対策(ウイルス対策ソフトの利用)、ネットワークセキュリティーを管理(ファイヤーウォールの構築、暗号・認証)する。ただし、何をどのような手段で守るべきか、どの程度のコストを投じるべきかは、組織によってさまざまな考え方がある。ファイヤーウォールの設定や、ネットワーク・アプリケーションの利用基準の判断、組織内のユーザーをアクセス権限ごとにグループ分けするなど、セキュリティー対策には多くのアプローチがあり、汎用的な正解というものはない。そこで企業は、セキュリティーに関する基本的な方針や行動指針をセキュリティーポリシーとして設定する。これに基づいてネットワーク環境を構成する個々の要素それぞれに適切な設定を行ないながら、そのポリシーを維持、運用していく。ただし、セキュリティーポリシーは不変ではなく、新しいネットワーク・アプリケーションの出現や、新たなセキュリティー侵害手法の登場などを受けて、刻々と変化させるべきである。企業向けのセキュリティーポリシーのガイドラインとしては、ISO/IEC 15408や、BSI(英国規格協会)によって規定された「BS7799」、日本情報処理開発協会の「ISMS(Information Security Management System)適合性評価制度」などがある。


ASCII.jpデジタル用語辞典の解説
セキュリティー
コンピューターシステムの安全性やデータの機密性を保つこと。パソコン自体にユーザーIDとパスワードを設定したり、ファイルの書き込みを禁止したりするなどの対策方法がある。誰もが自由にアクセスできるインターネット上では、システムやデータが第三者の手によって破壊、改ざんされる恐れがあるため、セキュリティーを管理することが特に重要である。具体的には、ハードウェアの管理(バックアップ)、ソフトウェアの管理(アクセス権の設定)、ウイルス対策(ウイルス対策ソフトの利用)、ネットワークセキュリティーを管理(ファイヤーウォールの構築、暗号・認証)する。ただし、何をどのような手段で守るべきか、どの程度のコストを投じるべきかは、組織によってさまざまな考え方がある。ファイヤーウォールの設定や、ネットワーク・アプリケーションの利用基準の判断、組織内のユーザーをアクセス権限ごとにグループ分けするなど、セキュリティー対策には多くのアプローチがあり、汎用的な正解というものはない。そこで企業は、セキュリティーに関する基本的な方針や行動指針をセキュリティーポリシーとして設定する。これに基づいてネットワーク環境を構成する個々の要素それぞれに適切な設定を行ないながら、そのポリシーを維持、運用していく。ただし、セキュリティーポリシーは不変ではなく、新しいネットワーク・アプリケーションの出現や、新たなセキュリティー侵害手法の登場などを受けて、刻々と変化させるべきである。企業向けのセキュリティーポリシーのガイドラインとしては、ISO/IEC 15408や、BSI(英国規格協会)によって規定された「BS7799」、日本情報処理開発協会の「ISMS(Information Security Management System)適合性評価制度」などがある。


ASCII.jpデジタル用語辞典の解説
セキュリティー
コンピューターシステムの安全性やデータの機密性を保つこと。パソコン自体にユーザーIDとパスワードを設定したり、ファイルの書き込みを禁止したりするなどの対策方法がある。誰もが自由にアクセスできるインターネット上では、システムやデータが第三者の手によって破壊、改ざんされる恐れがあるため、セキュリティーを管理することが特に重要である。具体的には、ハードウェアの管理(バックアップ)、ソフトウェアの管理(アクセス権の設定)、ウイルス対策(ウイルス対策ソフトの利用)、ネットワークセキュリティーを管理(ファイヤーウォールの構築、暗号・認証)する。ただし、何をどのような手段で守るべきか、どの程度のコストを投じるべきかは、組織によってさまざまな考え方がある。ファイヤーウォールの設定や、ネットワーク・アプリケーションの利用基準の判断、組織内のユーザーをアクセス権限ごとにグループ分けするなど、セキュリティー対策には多くのアプローチがあり、汎用的な正解というものはない。そこで企業は、セキュリティーに関する基本的な方針や行動指針をセキュリティーポリシーとして設定する。これに基づいてネットワーク環境を構成する個々の要素それぞれに適切な設定を行ないながら、そのポリシーを維持、運用していく。ただし、セキュリティーポリシーは不変ではなく、新しいネットワーク・アプリケーションの出現や、新たなセキュリティー侵害手法の登場などを受けて、刻々と変化させるべきである。企業向けのセキュリティーポリシーのガイドラインとしては、ISO/IEC 15408や、BSI(英国規格協会)によって規定された「BS7799」、日本情報処理開発協会の「ISMS(Information Security Management System)適合性評価制度」などがある。


ASCII.jpデジタル用語辞典の解説
セキュリティー
コンピューターシステムの安全性やデータの機密性を保つこと。パソコン自体にユーザーIDとパスワードを設定したり、ファイルの書き込みを禁止したりするなどの対策方法がある。誰もが自由にアクセスできるインターネット上では、システムやデータが第三者の手によって破壊、改ざんされる恐れがあるため、セキュリティーを管理することが特に重要である。具体的には、ハードウェアの管理(バックアップ)、ソフトウェアの管理(アクセス権の設定)、ウイルス対策(ウイルス対策ソフトの利用)、ネットワークセキュリティーを管理(ファイヤーウォールの構築、暗号・認証)する。ただし、何をどのような手段で守るべきか、どの程度のコストを投じるべきかは、組織によってさまざまな考え方がある。ファイヤーウォールの設定や、ネットワーク・アプリケーションの利用基準の判断、組織内のユーザーをアクセス権限ごとにグループ分けするなど、セキュリティー対策には多くのアプローチがあり、汎用的な正解というものはない。そこで企業は、セキュリティーに関する基本的な方針や行動指針をセキュリティーポリシーとして設定する。これに基づいてネットワーク環境を構成する個々の要素それぞれに適切な設定を行ないながら、そのポリシーを維持、運用していく。ただし、セキュリティーポリシーは不変ではなく、新しいネットワーク・アプリケーションの出現や、新たなセキュリティー侵害手法の登場などを受けて、刻々と変化させるべきである。企業向けのセキュリティーポリシーのガイドラインとしては、ISO/IEC 15408や、BSI(英国規格協会)によって規定された「BS7799」、日本情報処理開発協会の「ISMS(Information Security Management System)適合性評価制度」などがある。
 

レンタル掲示板
/86